うつ病が再発してしまった。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

うつ

自分は2年前に、睡眠障害から持病のクローン病を再燃してうつを併発、通院していたスリープメンタルクリニックでうつの症状の悪化により、ドクターストップにより休職してから退社へと1年半傷病手当を貰いながら自宅で静養と社会復帰の為のリハビリをしていました。

十分なリハビリと静養時間だと確信していた

1年半静養し、読書、ウォーキング、筋トレ、瞑想と社会復帰へのリハビリは完璧に終えていると思っていました。

うつの症状は以前の投稿で何回か書いていますが仕事が出来る状態ではありませんでした。

睡眠障害、むずむず脚症候群、口喝、耳鳴り、音への過敏、手の震え等で仕事が出来なく退職へ...詳しくは静養やリハビリ等以前の投稿記事を読んでもらうと詳しく書いています👇

静養1年以上での社会復

うつ病発病

自分では万全な体制で次の目標へ進んだつもりでした。

リハビリも兼ねて職業訓練校へ

うつを初めて経験して、自分自身ではコントロール出来ない病気だと自律神経の乱れ、脳の分泌制御など改めてうつ病の怖さを感じていました。なので静養、通院、リハビリは慎重にしたつもりでした。1年半傷病手当金をもらえるので、ギリギリまで体調管理したつもりです。

仕事復帰に関しては、今回の休職~退職を切っ掛けに新たな仕事への挑戦を考えていました。

リハビリを兼ねて職業訓練校で学びそれから仕事へと将来の計画を立てて進みました。

【職業訓練校は介護実務者研修6ヶ月を受けました。】

職業訓練校は毎日1時間×6の授業で座学と演習があります。朝9時半始まりで夕方17時に終わります。

今までクローン病で会社を休んだり、転職した時も8時間労働復帰は当たり前で、難なくこなしていましたので、今回の職業訓練校も体調は問題無しと考えていました。

介護職を選んだ理由は

父親が要介護2 母親が要支援2で介護サービスを利用するにあたり介護職を知り、両親の面倒をみる切っ掛けと、これから先仕事の需要は増える仕事で技術を身に付ければ、年齢に拘らず長く働ける仕事だと思ったからです。

クローン病の持病の事も

クローン病で製造業を続けてきましたが、体調不良で休んだ時の会社へのダメージはとても大きく感じました。任された仕事で機械を止めてしまう事、同僚への負担などを考えると、体調不良で休む事も出来ず、毎回体調を悪化させていました。結果気遣いのストレスはお腹への負担を大きくしていました。



うつ病再発の切っ掛け

  • いきなりの通学電車込みで往復2時間
  • 1年半自宅静養から学校での束縛時間8時間
  • 孤独からクラスメートとの人間関係
  • 介護職の専門職への不安

授業始まり1ヶ月過ぎた頃

1年半自宅静養していましたので、いきなり通学電車での往復2時間と約8時間の学校での拘束はきついと💦身体が感じ始めていました。

クローン病での不安はありませんでした、食事制限を守ればと長年の勘です!(^^)!

しかし授業が進むにつれ介護職の大変さを知り仕事への不安と、クラスメート16名の人間関係で精神が不安定になってきました。

1番悩ませたのが、クラスメートの人間関係でした、介護職は女性の割合が多く7割は女性でした。クラスに女性の身勝手なモンスターがいたのです(´;ω;`)

クラスメート16名は殆ど40歳~52歳ですよ、そんな大人が揉めるのです、理由は沢山ありますが、女性同士の喧嘩は止める事が出来ません。間に入った自分も頭がおかしくなってしまいました。ストレスですね...

それから、少し精神的な疲れが増えて、お腹よりもうつが出始めたのです。


 

・症状は軽い物でしたが、睡眠障害が始まり、授業中での発汗、やや手の痺れ、他人と話すと息切れと緊張

・声を出して教科書を読むと緊張なのか息切れで声が出ず震える。
(以前はこんな事は無く普通に読めたはずです。)

人と話すと緊張するので休憩時間は席を外して一人になる。
(この感覚も初めてでした。)

睡眠障害で朝が辛く、寝不足により体力低下

1時間の授業が耐えられない

学校を辞めたいと思うようになった。

スリープメンタルクリニックで相談

自律神経の乱れと不安からの症状だと診断されて、薬が増えてしまいました。

  • 自立神経を整える薬(ドグマチール細粒)×3
  • 安定剤(デパス)2から3錠へ
  • 睡眠導入剤から睡眠薬へ(マイスリー錠からサイレース錠へ)
  • ドミン(むずむず脚症候群)増量

徐々にですが薬が増えてしまいました。



うつの再発は無いと思っていたのに

うつの再発はSNSで見かけることは有り。Twitterやブログ等で拝見はしていましたがまさか自分が現実に経験するとは思いませんでした。

1年半の静養とリハビリで心や身体と精神は完璧だと、当時はうつの症状は口喝のみで後は全く問題ありませんでした。早く働きたいと思っていたぐらいでしたから...

 

やはりいきなりの通学電車や授業での拘束時間、そして人間関係が脳を破壊するのか?

 

クローン病での不具合はガス腹で授業中の腹鳴りやおならでの我慢のストレスは有り、それはかなりのストレスになっていましたが、うつが再発する程の悩みでは無いと思っています。

うつの再発は人間関係が一番だと思っています。

うつが再発して薬で安定

もう学校は続けられない、睡眠障害から体力の低下、対人過敏症、将来の不安など症状を伝え、限界をメンタルクリニックで話し、薬が増え諦めていましたが...

  • 睡眠薬とむずむず脚症候群の薬で睡眠が改善
  • 安定剤で緊張が和らぎ、他人とコミュニケーションがとれるように
  • 1時間の授業が集中できる。
  • 睡眠と人間関係改善により、うつの症状が軽減されました。
  • お腹も安定してガス腹鳴り腹もやや改善へ

 薬は増えましたが、不安や緊張が和らぎ授業も集中出来たのです。

結果

静養中の自分と社会に出た時の環境の変化は思った以上に身体に負担がかかる。

社会復帰は短時間から始めた方が良い。

身体に異変を感じたら直ぐに医師に相談する。

今回自分は、薬の増量と睡眠改善により、退学せず、学校に通い続ける事が出来ましたが、紙一重の行動と感覚だと思いました。うつが再発した時期はメンタルクリニックの予約を無理を言って入れ通いました。今思えば先生と話し、薬の変更や増量が遅れていたら、学校に通えなかったと思います。

今現在は安定剤や自立神経を整える薬が増えましたので、日中眠く授業中は睡魔との戦いとなりますが、学校に通い続ける事が出来ていますので良い結果だと思っています。

無事に卒業する事だけを考え進んで行きたいと思います。

ここまでお読み下さりありがとうございました。

こちらからも情報交換で繋がれたら幸いです。
トシをフォローする
うつ日常生活
スポンサーリンク
トシのクローン病&うつ闘病記
タイトルとURLをコピーしました