うつ病発病

スポンサーリンク

スポンサーリンク

うつ

クローン病発病してから25年経った頃です。

新たな病気が発病するとは思っていませんでしたが...

クローン病でのストレスは少しずつ身体を蝕んでいたのかもしれません。

睡眠障害が始まりクローン病が再燃して、うつの症状が出ました。

 

うつ病で休職して6ヶ月、身体や精神状態が戻らず退社( ;∀;)2つの病気が同時に体調不良になると、どっちの病気が原因で体調不良が続くのか分からなくなる。

休職中や退社後も検査を踏まえて病院通い。

うつ症状が酷い時には、病院での受付も困難な程、自分が自分で無くなった壊れたと感じた瞬間だった。

うつ病【原因】


うつ病になる原因は、人それぞれだと思います。振り返り考えてみると、自分の場合は性格と仕事内容と人間関係だと思いました。

 

職業訓練校で6ヶ月機械加工科で勉強して、≪47歳での転職≫ 技術関連の職種を始めるには、余りにも遅いチャレンジだと職務に就いてから痛感しました。

 

職業訓練校はあくまでも、再就職に就くきっかけを作ってくれる場所で、身に付くまでに10年掛ると言われた職種、職業訓練校での学びは現場では殆ど役に立ちませんでした。入社後全てが1からスタートでした。

 

職場の環境にもよると思いますが、自分が入社した会社は、個人経営の会社で会長である、本人が1から作り上げた会社で家族経営会社であった。

 

社長は長男、経理事務は会長の奥さん、事務に娘と工場ではよく有る個人経営会社であった。



職人気質の会長の厳しい言葉

会長は職人で昔かたぎの考え方で本人が努力して築き上げた技術や方法を、同じ様に押し付けるタイプであった。当然出来ない人間には厳しい!言葉も職人的で、態度も今どき見ない程の昭和タイプである。

社員が作業中の製品を、「こんなの仕事じゃね~おもちゃ作ってるんじゃね~と、壁にぶん投げている”(-“”-)” 製造業ではこの様な事は珍しくは無いが、ここまで起伏の激しい人は初めて接するタイプの人間であった。

 

「悪口では無いが伝えておく」と分かりやすいので、社長(長男)は父親がそう言う性格なので、精神的な病気に成り休職中でした。


事務(娘)も幼少時に父親に殴られ骨折経験有りで、少し精神が弱く心療内科に通院していてる。会長は家族や他人関係なく厳しい人であった。

 

 

会社内での経営方針変更

自分が入社後、面倒を見てくれたのが現場課長でした。現場製造オペレーターは自分合わせて5人で、10年以上いる人含めて現場課長が教育したので、技術面や工場全般をその人がまとめて現場は稼働していました。

初心者の自分にも優しく指導してくれて、この人が居れば何とか成ると安心していましたが、裏では会長と意見が合わず常日頃食堂にて揉めていたそうです。会長に意見言えるのは、営業部長と製造課長だけでした。

入社数ヶ月後、いきなり製造課長と検査課1名が解雇され、現場の雰囲気はガラリと変わりました。

なぜ❓経営不振から高給取りは解雇して、会社を立て直すらしいと数日後に分かりました。

自分はとんでもないタイミングで入社したと戸惑い現場課長の下に工場長が居ましたので相談しましたが、会長の気分を損ねると首に成る事を思い知り、ただ怯えている感じでした。

工場内はバラバラになり、会長のイライラもどんどんとエスカレートし、仕事が遅い自分に当たるようになりました。(´;ω;`)

その後入社1年半で現場1人と営業部長が辞めて、工場内雰囲気は会長に怯え、会長が居ない時だけ、ギャップにより天国の様な変な会社になりました。

 

仕事内容は

精密機械加工業でマシニングセンターと言う機械で図面にて加工プログラムを打ち込み、加工材料や加工形態に合わせて、切削刃物を取付け精密加工します。1/100㎜~/1000㎜台の調整を必要とする加工も有ります。

まずは、図面から立体完成品をイメージして、加工手順、加工刃物、取付け角度、あらゆる方向から切削し仕上げるイメージを考え、切削工具の動きを1/100㎜で仕上げるプログラムを自分で考え機械に打ち込み加工仕上げる。

最初から最後まで一人での作業に成る仕事です。身に着けるのに10年掛る意味を経験し理解し、やばい‼と思いました。

 

性格

自分の性格は、基本真面目だと思います。神経質、几帳面、と言われる事はよく有りました。

クローン病になり、仕事継続の難しさや体調不良時での周りの沢山協力も経験して、仕事姿勢は感謝と仕事が出来る喜びで真面目に取り組んで来ました。

 

クローン病が仕事の大切さを教えてくれました。

 

ですので、経験が少なく仕事が遅く会社に利益を出していない状態がとてもプレッシャーになり

入社後1年位は毎日仕事を家に持ち帰り休日も加工プログラムを作り少しでも早く仕上げる事を考え、自分を追い込んでいたと思います。

今回初めて仕事に就き出来ないと、自分の能力の限界を知る仕事になりました。

何とか3年近く続きましたが、1年目にクローン病の出血にて2週間程入院しました、その時、病気に付いて話をしましたが、病気に関しては会長もお腹が弱く通院していて、

長男がうつ病と潰瘍性大腸炎だったので、聞いた時はビックリしましたが病気には理解有る会社だとその時は安心しました。

しかし仕事は数年経験しても、そのつど難易度が上がる図面を渡され毎日が納期と不良品を作り材料を無駄に出来ないプレッシャーで精神的には追い込まれていました



症状

年明け2月より睡眠障害が始まり1日2~3時間しか寝れない状態が続きました。

3月に体調不良により、クローン病の再燃下血が始まり、2か月程通院点滴、絶食しながらでの就労での体力低下と睡眠障害でのストレスにより、色々な症状が出始めました。

症状
  1. 睡眠障害で睡眠時間が3~4時間【むずむず脚症候群】も原因でした。

  2. 口喝や舌の痺れ【舌痛症】クローン病の再燃により下痢でしたので脱水症状だと思っていました。

  3. 耳鳴り、音に過敏に反応して、作業音や会話、咳などに、びくびくする様になる。

  4. 視力低下と眩しさ。工具の刃先が見えない、焦点が合わない、光が眩しく目を開けてられない。

  5. 脂汗や発汗が有り、落ち着かなくなる。

  6. 手が震える。工具の取付け、プログラム入力、機械の微調整や製品の測定が出来なくなる


6.番の手の震えで、休職を決めました。


手の震えを確認して夕方上司に報告、早退しました

翌日スリープ外来へ、その日に休職への診断書をもらいました。

会社に迷惑を掛けるので休みたくないと伝えましたが...

 

今仕事したら事故を起こし、余計会社に迷惑を掛けるよ

そうだな...納得しました

 

うつの症状が出てきたら、直ぐに会社に相談して診察をお勧めします。


睡眠障害やむずむず脚症候群は改善の薬が有ります

睡眠障害が解消されますと、うつの症状も少しずつ改善されました。

 

病気の辛さは経験者しか分かりません、改善方法などは個人差が有ると思いますが、皆さんと共有しながら病気を克服又は、上手く付き合っていく

情報交換をしながら改善出来ればと思っています。

ここまでお読みくださり、ありがとうございました。

こちらからも情報交換で繋がれたら幸いです。
トシをフォローする
うつクローン病発病
スポンサーリンク
トシのクローン病&うつ闘病記
タイトルとURLをコピーしました