恋愛や結婚の悩み

スポンサーリンク

スポンサーリンク

その他

26年前にクローン病を発病 現在51歳にて独身、2回の結婚話が出るも体調不良と定職への不安と自分の性格により別れる決断をして現在に至る。

 

持病を持ち体調不良で「無職になる時も」そんな自分が家庭を持てるのか家族を養う事が出来るのか?25年間の経験と現在の気持ちを語ります。

自分の性格

病気になる以前の性格と病気になってからの性格は殆ど変わってないと思います。

基本真面目でタバコも吸いません。自分の周りの人間は守りたい、友達や同僚後輩を含め自分と関わった人達は幸せであって欲しい、仲良くしたい、困っていたら出来る事は協力する。協調性を重視してグループでつるむのが好きな性格でした。

 

恋愛や結婚観では、自分は古い考え方で男は外から能力と体力で稼ぎ家族を養う、女は内から優しさと冷静観で家族を守るなどと勝手に理想を作っていました。

『男が家族を養い守るものと決めつけた性格でした』

結婚まで考えた女性は2人いました。

1人目は、自分は24歳から同じ職場で働いていた同年の女性とお付き合いをしていました。病気を25歳で発病後も4年近く一緒でした。しかし発病後4年近くは殆ど病気により、入退院を繰り返し、定職も就けず、男としては最低の立場でした。

それでも一緒に居てくれた事その経験は今でも感謝しかありません。


2人目は42歳時に知り合った同じ職場の33歳女性で離婚歴有り小学3年女と小学1年男の子供が2人居る女性でした。

自分は基本子供が好きなので、子供は抵抗無く付き合ってからは子供達と遊ぶをメインに過ごしていました。

自分も彼女も実家を離れての生活でしたので休日前夜はどっちかの家で過ごす事が当たり前でした。



恋愛の必要性と苦労

1人目のお付き合い時は若い事も有り、入院中は彼女のお見舞いだけが楽しみで、それだけで退院の為の努力をしました。

入院中の絶望感から彼女は救ってくれました。

寛解期でも遠出が難しいのと体調不良で計画が中止で残念な思いを沢山させてしまい 申し訳ない気持ちでいっぱいでした。それでも体調が良い時はスキーやスノボーや海水浴など泊まりで出来る事も有りましたが、健常者の1/10程度も出来なかったと思います。

 

【残念な出来事も】
彼女の誕生日プレゼントを買いに一緒に都内へ出かけた時も、都内行動中に下血して買い物途中で帰る事にそのまま入院となり、とても悔しく残念な思い出もあります

 

何かをしてあげたい、サプライズ好きの自分は彼女を喜ばす事ばかり考えていましたが、クローン病は言う事聞いてはくれません。ただ喜ばす事でさえ困難でした、心配を掛ける割合がが多く一緒に居るのが辛く感じる様になり 少しずつ離れたいと避ける事も有りました。

病気なのだから頼れば良い!若い自分にはそんな事を考える余裕も無く、出来ない自分が嫌になりパチンコに逃げて現実逃避を繰り返し、別れる結果となりました。


42歳時はレミケード治療も始めており、寛解期の期間も長く病気を忘れるぐらいでした。スポーツクラブにも通っていて体調コントロールは出来ていたと思います。

 

付き合い始めは、子供2人と突然の環境の変化で戸惑いも有りましたが、家族とはこんな感じなんだと当時は嬉しく毎日が楽しかったです。

 

しかし身体は疲れていたかもしれません。仕事と恋愛と休日は子供を喜ばす為のお出かけ遊びと、身体を休める時間は殆ど有りませんでした。疲労から体調が少しずつ悪くなり、少量の下血や腹痛も始まりました。

 

会社を休む事も有り不安な気持ちと、家族を持つと言う現実の不安と普通の生活での体力の限界とを思い知り、このまま付き合っても良いのか迷い始めました。

 

子供が居ましたのでいい加減な気持ちでの付き合いは出来ません。

 

そして大量出血により入院2回目の手術で自分は健常者と同じ事は出来ないと悟りました。

 

身体や精神が弱っている時の決断は良く有りません。結果自分は別れを選択しました。



結婚とは

「結婚を諦めて独身の自分が語るのはおかしいと思いますが」これまでの経験や考え方の変化などを踏まえて自分なりの考えを語ります。(個人主幹の意見です)

42歳の時に付き合った人に言われました。家族は助け合うから家族なんでしょ衝撃だった❕自分が言わなければいけないセリフを言われた。

情けなく守られている弱さに幻滅した。男のプライド、いや!自分のちっぽけなプライドだった❕

 

人が生まれた理由とは?生きる為?違う動物と同じだ子孫繁栄の為だと思う。そしてスピリチュアル的な考えに成るが(魂)の成長の為だと輪廻転生を信じている。

 

家族を持ち子供を育てる、人が生きる自然の本能の基本だと思う。夫婦で助け合い子供に教育を、その努力が自分達(魂)成長させて結果子孫を残す。それの繰り返しだ❣

 

自分は逃げた、病気を理由に一番大事な成長(魂)を避けて楽を選んだのだと、今だから思う。

 

人は独りで生きるものでは無い、パートナーを作りお互いの苦難を助け合いながら乗り越える

 

その努力が一番の(魂)の成長で有り、自分が今思う理想な生き方だと❕ 気付くのが遅かった、自分の成長の遅さに幻滅している。



現在の恋愛や結婚への気持ちの結論

「こちらも恋愛や結婚から逃げた自分の個人主幹の話になります」

結論から言うと、恋愛や結婚は経験した方が良いと思います。結果での話では無く、経験をするかの話になります。

 

病気を告げて理解してくれるパートナーに巡り合ったら遠慮はいりません、調子が悪い時はお互い様です。

 

持病が有ると迷惑を掛けてしまう頻度が多く申し訳無い気持ちで一杯に成ります。でも一緒に居れば助ける事も出来ます。

 

助け合いは回数では無いと思います。本当に大事な時に協力出来るか、支える事が出来るかだと思います大事な時に一緒に居る事が出来ればそれで良いのです。

 

そして持病を抱え家族を作ると困難は増えますが、それを乗り越える人生は達成感に満ちた悔いの無い人生になると思います。

 

生活には、仕事やお金やパートナー間での価値観の違いで別れの結果も有るかもしれませんが、それを恐れて可能性を自分で諦めてはもったいないです。

 

生き方の正解は有りません経験が全てだと思います。

家族を作りそこでの経験は最高の成長だと思います

 

自分は臆病で弱い人間でした。理解有るパートナーと出逢ったのですが自ら経験を避けてしまいました。

それが後悔でも有り...

今病気により恋愛や結婚に臆病に成ってる方に諦めるな!と伝えたいです。


人生は結果ではなく経験の積み重ねの多さです。



家族を作ると言う最高に成長が出来る経験をして下さい。

 

もし今パートナーが居て不安から身を引く事を考えている人は、相手の気持ちも理解して下さい。相手の方は貴方と一緒に居る事が幸せだと思っているかもしれません

メンタルが弱っている時は大事な決断をしない事!1度冷静に成ってからもう1度考えよう‼

自ら諦める後悔をしないで下さい。

後悔を感じている経験者より。

ここまでお読みくださり、ありがとうございました。

こちらからも情報交換で繋がれたら幸いです。
トシをフォローする
その他恋愛
スポンサーリンク
トシのクローン病&うつ闘病記
タイトルとURLをコピーしました