クローン病とは

スポンサーリンク

スポンサーリンク

クローン病

クローン病とは、小腸や大腸などの粘膜に慢性的な炎症を引き起こす病気のことです。“炎症性腸疾患”の1つとされ、現在のところはっきりした発症原因は分かっていません(2020年5月時点)。

日本では難病の1つに指定されており、発症率は10万人に27人程度とされています。また、男性のほうが女性より2倍程度発症しやすいことも特徴です。

現在のところ原因不明のため根治療法はまだ確立されていませんので、慢性に寛解と再燃を繰り返し、継続的な治療を必要とします。

クローン病は10~20歳代で発症するケースが多く、主に小腸や大腸に炎症が現れますそのため、腹痛、血便(血が混ざった便)、下痢、体重減少などが代表的な症状となりますが、口の中から肛門こうもんまでさまざまな部位に症状が現れる可能性があります。また、病変は1か所だけでなく、同時に複数の器官に炎症を伴う場合も少なくありません。

治療は、炎症や免疫のはたらきを抑える作用のある薬を用いた薬物療法が主体となりますが、腸の壁に穴が開いたり、腸がたび重なる炎症で狭窄きょうさく(狭くなること)を引き起こしたりするようなケースでは手術が必要となります。

札幌医科大学附属病院 消化器内科 教授

日本消化器病学会 消化器病専門医・消化器病指導医 日本内科学会 総合内科専門医 日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医・消化器内視鏡指導医

仲瀬 裕志なかせ ひろし 先生

仲瀬 裕志 先生(北海道の消化器内科医)のプロフィール:札幌医科大学附属病院
メディカルノートは、医師・病院と患者をつなぐ医療検索サイトです。「病気を調べる」「病院を探す」「医師と出会う」。医療を必要とする様々なシーンで、それぞれの課題を解決し、患者さんが医療に迷わない世界の実現を目指します。各疾患の専門家が「エビデンス」と「専門家の臨床におけるエクスペリエンス」に基づいた医療情報を自らの言葉で...

専門的な事は引用させてもらいました。



病気の症状には個人差があり発病から一度も入院した事が無い人や、少量の食事で下痢や下血を繰り返し入退院を繰り返す方、又は、再燃の繰り返しにより手術をする方など、同じ病名でも社会生活の仕方が変わっています

自分は下血タイプで数回死にかけました。

医者が叫びながら輸血をポンピングして押し込んでいたり...

一人暮らし中に出血で気を失い這って救急車を呼んだりと波乱万丈です。

一人暮らしで死にかけた時のはなしを動画で投稿しています笑い事では有りませんね

動画撮影は初心者です

自分で動画見て笑ってしまいました。

出血したら様子見も大事ですが危ないと思ったらすぐ救急車を呼んで下さい。

ここまでお読みくださり、ありがとうございました。

クロー病発病時の事を書いています

ご覧ください

クローン病発病

こちらからも情報交換で繋がれたら幸いです。
トシをフォローする
クローン病クローン病とは
スポンサーリンク
トシのクローン病&うつ闘病記
タイトルとURLをコピーしました