まずは休職で 保険活用

スポンサーリンク

スポンサーリンク

うつ

自分はクローン病で1ヶ月や数週間と言った休みは今まで何回もしましたが、職場に休職願いを書いた事は有りませんでした。

手術して1ヶ月以上休んだ時も会社から貰った書類に記入提出して余り考えていなかった、あれが傷病手当だったのかもしれない。傷病手当については無知でした。

今回メンクリでドクターストップ‼診断書を貰い、初めて休職願いを書き動けず会社に郵送で手続きをしました。会社には契約している社労士が居て全てやってくれたので助かりました。

まずは休職にて調整

症状はうつ病発病で書いています。まだお読みでない方はこちらからお読みください。

うつ病発病

自分は初めて休職の書類を作り静養に入りました。2ヵ月静養の診断書です。

 

自分は2ヵ月も必要ないとその前に復帰するつもりでいました。仕事の解放から精神的に少し楽になりましたが。睡眠は、むずむず脚症候群と睡眠の薬で解消されました。しかし副作用で口喝や口の痛みが出て薬を色々試していますが未だに決まっていません。

 

色々な症状でクローン病の再燃も重なり内科、耳鼻咽喉科、眼科、呼吸器科、心療内科と通い回りました。当初は問診票も手が震え書けず、動悸や息切れ、発汗、音の過敏により、症状を書いたメモを持ち歩き診察しました。

 

とにかく頭が回らず言葉が出ない診察で苦労しました。耳鼻科、眼科、呼吸器科は異常なし、ノイローゼと言われました。

クローン病の再燃で下痢は20回を超え、気力体力は限界へ、静養では無く動けないが正直なところでした。

そして回復も無く2ヵ月が過ぎ休職延長です。仕事どころでは有りませんでした。

 

クローン病の再燃で大腸カメラ、小腸バルーン拡張術(これはカメラが届かず)、MRエンテログラフィーと検査が続き狭窄有るも手術は早いとの事でエレンタール生活、精神は弱り夕方には倦怠感と不安から何度救急車を呼ぼうかと思う程でした。

救急隊に渡すメモと入院準備を数日掛けて用意して備えました。休職3ヵ月過ぎていました。

 

メンクリの薬で少しずつ落ち着きましたが、働くことは困難でした。体重は8㌔落ち下痢は20回以上ストレスが原因だと確信していました。

休職5ヶ月過ぎた頃これは無理だと思い会社に相談、満了期間は6ヵ月でしたので、休職期間満了での解雇での形にしてもらいました。

 

クローン病も精神疾患も何が原因か分からず、この先の光が見えませんでした。



傷病手当手続き

休職期間満了で6ヶ月が経ち、会社を退職、その頃は車も運転出来る迄になり、挨拶には伺う事が出来ました。しかしメンタルは不調で、特に倦怠感と口の不愉快は治りません。午前中は殆ど動けないが正しい表現だと思います。

会社への負荷は完全に無くなり、傷病手当も引き続き貰えるので、金銭面での負荷も有りませんでしたが、何故戻らない?自分が病気なのか、怠けているのかさえ分からなくなり、動ける時は動くを心掛け過ごしていました。

退職は最後の決断

今回はいきなりの症状悪化により何も考える事が出来ず会社任せでしたが、会社によっては休職では無く自主退社を勧める会社もあるでしょう。


休職中でも会社は半分の税金を払い続行けなければいけません、会社も復帰の目途が分からない社員を雇用し続けるよりも、新しい人材を入れた方がメリットがある場合が有ります。

 

自分は今回恵まれていました。社長がうつで潰瘍性大腸炎で2年前まで休職していたのです病気に理解が有り個人的に病気繋がりや同年代で仕事に就いても話し合う仲でしたので、電話で休職の話をしたら、社長の方から自分の様子を見て休職を勧めようと思っていたと普通に傷病手当の手続きを始めてくれました。

伝えたい事

病気になりメンタルが弱ると、仕事への意欲を無くし仕事行きたくない、辞めたいと思う様になります。


若いころアルバイトは直ぐに辞めてしまいました。正社員雇用の場合は保障が有り、在籍しているメリットが多いです。特に税金関係は助かります。退社してから気付きます税金の出費の額の大きさに

体調不良で長引きそうなら、休職して傷病手当を貰ってから考えて下さい厚生年金加入者は傷病手当は最長1年6ヶ月 給料の2/3ほど保険会社から支給されます。【医師の診断書必要】(加入保険により異なります)



会社の就業規則を調べ休職制度があれば休職の相談をして下さい。手続きを嫌がる場合も有り休職満了期間も会社により違い対応が悪い場合も有りますが、医師の診断書が有れば手続きをしてくれると思います。

 

結果退職しても傷病手当を満了日まで貰える事が出来ます。傷病手当の詳細は控えさせてもらいます。
検索すると詳細が分かります

 

退職後も数ヶ月は傷病手当を貰い治療に専念できます。

精神疾患の治療は長引くのだと初めて知りました。傷病手当は助かっています。

お得な制度が有ります手続きはお早めに

もう一つ精神疾患の治療では自立支援医療制度があり、月分自己負担上限が設定されます。そして病院と薬局の窓口払いが1割に成ります。

 

自分は最近知り申請して受給者証を作りました。制度に付いては誰も教えてくれませんでしたSNSでたまたま知ったのです。

もっと早く知りたい情報でした。

今回は体調不良で長期間休む場合の会社との相談や傷病手当を貰いながら静養するお話をしました。

ここまでお読みくださり、ありがとうございました。

こちらからも情報交換で繋がれたら幸いです。
トシをフォローする
うつ仕事
スポンサーリンク
トシのクローン病&うつ闘病記
タイトルとURLをコピーしました